改修にとりかかり早2ヶ月

お知らせ

10年以上廃墟だった倉庫を工房として使えるように、自身で修繕作業を進めてきましたが気が付けば2ヶ月が経過。

早いものですね。

それにしても自分で全てを直すって大変です。何が?って全てが。

外壁の傷みが激しく、雨漏りあり、シャッターは折れ曲がり、鉄骨部分腐食しまくり、木部は腐り果て跡形も無くなり、極めつけに周りに散乱する粗大ゴミの山。
その様子がこの写真1枚でお分かり頂けると思います。。。

廃墟だった1月時点

早く本業に入りたい気持ちを抑え、淡々と作業して参りました。

有り難いことに防水工事を生業とする叔父が毎週のように週末に手伝いにきてくれているおかげで、建物の外回りはひとまず形になってきました。

着工2ヶ月後

ようやく内装工事に取りかかろう、と思っていたら、地下水をくみ上げている唯一の水源が出てこなくなりました。
もともと、あったポンプを取り替えて使っていたのですが、なにせ素人工事なのできっと配管の仕方に問題があるのかとは思うのですが・・・。

やれやれです。

 

 

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました