【オリジナル】卓上膳/お膳/お盆/トレー

今回は当工房オリジナル、卓上用のお膳をご紹介します。

ナラの無垢材を使用した卓上用のお膳です。

一見シンプルに見えるかも知れませんが、当工房では細部にこだわり、デザイン、製作しています。
また、材料にもナラなどの広葉樹の無垢材を使用しているので、良質な木の質感を存分に感じることができます。

無垢材の理由

お膳

最初に「良質な木の質感を存分に感じることができる」と言いましたが、一方で無垢材は、いつでも環境により幅方向に収縮を繰り返しているため、製作者にとっては少し厄介なものでもあります。

この卓上膳の場合は、周りの枠部分と板は接着材で固めるようなことはしません。
固めてしまうと割れや仕口の破損に繋がる恐れがあるためです。

このように無垢材での製作には気を遣うところが多く、一品一品個体差に気を付けながら丁寧に行う必要があり、量産工場の様に手早く大量に生産することは出来ませんが、その分ひとつひとつの商品にしっかりと向き合ったモノづくりを通して、無垢材ならでは質感や温もり、長期的なご使用価値をご提供することができ、環境にも人にも優しいものです。

また、他の場面で無垢材の家具に馴染みの少ない方にも、日常的に使うお膳が無垢材であることで、日々、気軽にお手入れしながら、その経年変化を味わう楽しみが生まれる事と思います。

無垢材と突板貼りの見分け方

ここでちょっと木製のお盆やお膳等の購入時に注意するべき点をご紹介。

街の雑貨店や量販店に多く流通しているお盆やお膳、トレーなどの商品のほとんどは合板やMDF材を芯として表裏に薄い突き板を貼り、見た目だけ無垢材にみせている物です。

しかし、突板貼りの素材では、一見、無垢と見分けがつかなくても、木が本来持っている特性は失われているので、使っていく過程で変化していく木の風合いを愉しむことはできません。

それどころか、深く傷が入ってしまったり、うっかり水に浸けたり熱湯を垂らしたりすれば、表面の突板が剥がれたり浮いたりして、非常に見苦しいものとなってしまいます。
こういった事から突板貼りのトレーは単に、機能として一定期間使用するもの、としてその役目を終えることとなるでしょう。

もちろんそれを分かって購入している分には良いと思いますが、わりと無垢材と勘違いして購入されてしまう方も多い様です。

末永く、長持ちするトレーなどの木製品をお探しの方は、慎重に選んだ方が良いと思います。

●「天然木」という単語に注目

では、無垢材かそうでないかの見分け方ですが、消費者庁による、家庭用品品質表示法の

規程では事業者に対し、材料について、次の様な表記が定められています。

無垢材の場合 天然木(天然木の板をモザイク状に組み合わせて貼り付けて作った板を含む。)
突板貼りの場合 天然木化粧合板」や「天然木化粧繊維板」など。

いずれも「天然木」の文字が入るので一般的には勘違いしやすいと思いますが、あくまでも無垢材であれば「天然木」のみの表記となります。

※()内の文言について。これは見た目で分かると思いますが、要するに無垢材の小さいブロックを寄せ集めて貼り合わせた集成材であっても表記は「天然木」のみとなるので、一応ここにも注意は必要です。

また、商品ラベルとは別で商品説明文では「天然木商品につき~」とか「~、天然木ならではの風合いをお楽しみください」などと、「天然木」という単語を使って、製品全体が無垢材で作られているかと誤解を招きやすい表現が多く使われていることもよくあるのでこういった広告文句には十分注意が必要です。


無垢のオリジナル卓上膳

ここから再び、当工房の木製トレー、「卓上膳」をご紹介します。

お膳

枠部分は低めにし、内側も外側も鉋で曲面仕上げ、にすることで味わい深さを演出しています。

持ち上げる際は指がかかりやすいように手掛かりを設けています。


※裏の板回りにも装飾となる飾り面を施し、それにより無垢材であることが確認できます。(突板貼りではこのような形状にすると芯材が見えてしまうのでできません。)

 

サイズは一人分の食事が十分に乗るサイズで45cm×30cm。

色について

古材色

 

クリア

色はクリアと古材色をご用意できます。

どちらもいつも見慣れた食事がより一層、おいしそうに引き立つ色合いです。

お使いのテーブルの色に遠い色を選ぶとさらに相乗効果で魅力的に見えると思います。

輪染み対策について

オイル仕上げはウレタンなどに比較すると水分に弱いので輪染みになりやすく、その点についてご心配される方もいらっしゃるかと思います。

この点は感覚的な個人差も大きいとは思いますが、オイル仕上げでも余程、長時間水滴のついたコップなどを放置しなければ目立ったシミになることはないので、あまり心配される必要はないかと思います。

さらに、当商品は表面に浮造り(木目を引き立たせる技法)を施しているため、完全にまっ平な面よりもシミは目立たない仕様です。

尚、使っていく過程で、色合いも含め経年の変化を愉しむのも、無垢材の醍醐味ですので私個人的には、是非ともあまりシミを気にし過ぎずにガンガン使い込んで頂くのが良いかと思っています。

因みに、我が家では以前はお膳を使う習慣はかったのですが、卓上膳を使うようになったことでむしろ、テーブルにうっかり水滴の付いたコップを置き忘れる、ということが減りました。
オイル仕上げのテーブルにも相性が良いと思います。

何より無垢材の良い所は、よほどの破損などが無い限り、長い年月、愛着を持って使い続けられる所にあると思います。

※塗装について詳しくはこちらの記事にも書いています。

卓上膳【KTR1】 Lサイズ ナラ

サイズ: 45cm×30cm×2cm

材料: 天然木(ナラの無垢材)

塗装:【クリア】植物性オイル仕上げ
:【古色仕上げ】水性ステイン、植物性オイル仕上げ

参考価格:ナラ無垢材 \9000(税込)※各色共通

 

尚、この商品は当工房オンラインショップにて販売しております。

何か気になる点などございましたらお気軽にお問い合わせ頂けたら幸いです。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました