シンプルでミニマルなペーパーコード張りスツール

ミニマルスツール【Minimal Stool】

新作のご紹介です。

今回はペーパーコード張りのシンプルなスツールを製作しました。

このスツールは極力部材を削減し、座面をペーパーコード張りにしたことで軽量感をだしつつ、とにかくスッキリとした雰囲気を目指しました。

コードの張り方は座っていてもある程度動きのとれる、鹿の子編み(フラットな張り方)にしました。
シンプルながらも決して存在感を失わず、ただ置いてあるだけでも決して邪魔に感じさせないスツールになったと思います。

ダイニングテーブルやデスク、或いは、ピアノやギター演奏などなど、場面を選ばず使って頂きたいスツールです。

 ペーパーコードについて

絶妙に柔軟性のあるペーパーコードは程よくシナリがでますので、長時間座っていても木製板座の様に痛くなったりすることなく、疲れも軽減してくれます。
その上使い込むほどにしっくり馴染んできますので、木材同様、経年変化による”育てる楽しみ”が味わえます。

ただしペーパコードは消耗品ですのでいずれ張り替えが必要です。

その寿命は使い方に寄るところで、一般的に10~20年などと言われていますが、椅子の使い方は様々なのではっきりと何年で、とは言えないのは仕方ない所だと思います。
少しづつ緩んできますが、その緩み加減でどこまで使うかのご判断をしていただければ良いと思います。

ペーパーコードは原料が紙とはいえ、思いのほか強度や耐水性があり、通常使っていて切れるということはまず考えにくいです。撥水性もそれなりにあり、もし水分に濡れたとしてもすぐに拭き取り、乾かせばけば目立つシミにもなりません。

尚、当工房で使用するペーパーコードはデンマーク製のもので椅子専用につくられているものです。
これは撚った三本のコードをさらに撚って一本にしてあり、非常に丈夫で編み作業中にも撚りが戻りにくく、*国産品でよく目にする物と比較して優れた素材だと思います。

※国産品でも椅子用のペーパーコードは流通していて十分使えますが、メーカーによりその品質は様々なので注意が必要です。

張り替えはもちろん当工房でも承りますが、フレームは永年使える無垢材ですので他店でも張り替えは可能かと思います。(価格下記参照)

材料について

今回使った材料は昨今では珍しい「ダオ」。
別称「ニューギニアウォールナット」とも呼ばれるダオは高級材として扱われる「ブラックウォールナット」の代替材とされていた時期もあり、パッと見の印象はそれと似ているものがあります。

しかしよく比べてみればブラックウォールナットよりも黒い縞模様がはっきりしていたり、そもそも表面の質感は全く違います。

それもそのはずでブラックウォールナットはクルミ科、ダオはウルシ科ですので、南洋材特有の交錯木理(かなりクセがある)のある表面がみられたりします。

上品で落ち着きのある雰囲気においてはブラックウォールナットに劣るかも知れませんが、ダオには野性味にあふれる個性的な雰囲気があり(かなり個体差がありますが)、材料としてとても魅力的です。

Simstoolシンプルでミニマルなフォルムと相反する個性的な材料の組み合わせですので今回のスツールは結果的に絶妙に「丁度良い」雰囲気を醸し出していると思います。

 

塗装について

こちらはダオの独特な表情を生かす為にクリア色のオイルで仕上げています。

 

当工房では極力人体に悪影響の出ないよう、植物由来のオイルを選んで使用しています。
今回はターナー色彩(株)製のエシャ・クラフトオイルを使用しました。

ミニマルスツール ダオ オイル仕上げ

サイズ(㎜)

W500×D353(座D280)×H480

重量

約4Kg

材料

ダオの無垢材

参考価格

27500円(税込)

張り替え費(材料込): 10000円(税込)

※在庫品ではなく受注生産であれば、サイズの変更なども可能ですので何かありましたらお気軽にお問い合わせ頂けると幸いです。

    ※このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

     

    コメント

    トップへ戻る
    タイトルとURLをコピーしました